さいたま市の認可保育園に4月入園したい!点数や入所のコツなどの情報をまとめました。

さいたま市で認可保育園を目指す方は、まず最初に「4月入園」を目指して活動されていると思います

実際に市役所まで足を運んだり、ネットの掲示板などで情報収拾を行なって、さいたま市の保育園入所について色々と自分なりに理解できてきました。

今回はそんな「さいたま市で認可保育園入所を目指す」ママさんたちに、集めた情報を公開していきたいと思います。

最新の情報は実際に役所などで確認されたほうがいいと思いますが、傾向や対策などを考える際、役立てていただけたら嬉しいです。

さいたま市の「保育施設の利用基準」を知ろう

さいたま市の保育園の入所の際は、両親・祖父母の状況に応じて入所者に点数(保育指数)をつけています

市役所で聞いたところ、入所の際は「点数(指数)」のみで判断し、点数が高い人から入所が決定すると説明を受けました。

詳細は令和2年度保育施設利用調整基準表に記載されています。

細かく基準があるわけですが『どんな風に点数がつけられているか?』のポイントだけざっとチェックしておきたいですよね。

そこで、利用者のメインになってくる「すでに働いている人」と「これから職を探す人」の主な点数構成要素を、ざっくりご紹介していきたいとおもいます

働いている人の“主な点数要素”をざっくり紹介

  • 勤務時間8時間以上で20の基本点。勤務時間が減るごとに-1
  • 勤務日数が週5以上の場合、の加点
  • 勤務日数が週5日以上で、かつ1日8時間以上の場合、の加点
  • 勤務地が居住外の場合の加点

これから働く予定の人の“主な点数要素”をざっくり紹介

  • 採用予定の人は15の基礎点。その他勤務状況に応じての加点はなし
  • 休職・起業準備中の人は10の基礎点。
  • 休職・起業準備中の人で、倒産・解雇の場合5の加点
  • 休職・起業準備中の人で、生計中心者の場合の加点

居住外で働いている人は、8時間以上5日以上の勤務でが26点になります。夫婦でこの条件に当てはまる場合はなんと52点になります!

Point

自宅外の仕事でフルタイムしているひと(8h以上勤務)の点数は高い

・夫婦ともに点数がつくため、夫婦でフルタイム自宅外が最強

子供の保育状況に応じた“主な加点要素”をざっくり紹介

  • 育児休業中・産前産後休暇中で6の加点
  • 自宅にて保育で2の加点
  • 自宅外にて保育での加点
  • 幼稚園に通園中で7の加点
  • 家庭保育室に委託中(ベビーシッター等含む) で7の加点
  • ナーサリールーム・その他の認可外保育施設に委託中 で7の加点
  • 保育施設の一時保育を利用中で7の加点
  • 事業所内保育施設に委託中で7の加点

まえに区役所で聞いてみた時「できるだけ会社をやめないでください!」と言われたことがあります。

仕事をやめて自宅で保育していた場合と、産休をとって自宅で保育している場合では、それだけでなんと4点も差が出てしまうのです……。

行政の対応が、自営や再就職の方に対して厳しい現状があるなと感じました。

Point

・できるだけ仕事をやめないで、育休をとったほうが加点になる

・しかし、事前に認可外などの保育施設に預けると大幅な加点になる。

その他の“主な加点要素”をざっくり紹介

  • 未就学児童のきょうだいがいて同一園を第一希望(3)の加点
  • 未就学児なしで小4までの就学児童のきょうだいあり ()の加点
  • きょうだいが3人以上の家庭は3人目以降人数につき()の加点
  • 未就学児童のきょうだいがいて別園を希望(2)の加点
  • 祖母・祖父が別居、もしくは不存在の場合、一人につき()の加点
  • 祖母・祖父が同居で、65歳以上or保育できない理由で一人につき()の加点

祖父母に関しては「親と同居して、65歳以下で、親は仕事もしてなくて…」という状況でない限り、加点がつく要素かと思います。

やはり大きいのはきょうだい加点ですよね。

「人気の園はきょうだいのいる人で埋まってしまうよ!と言われる所以はこの「きょうだい加点」によるところが大きいと思われます。

保育指数の付け方は、令和2年度保育施設利用調整基準表に記載されています。

詳細情報はこちらからご確認ください!

ほかにも気になる!申し込みの際の気になるポイントを解説

点数の付け方はこのような感じで、令和2年度保育施設利用調整基準表を詳しくみていただくのが良いと思いますが!

ほかにも市役所で聞いた「こういう場合はどうなるの?」という疑問を下記にまとめてみました。

例えばこんな場合は?
  • 時短勤務をしている人は、時短になる前の標準の勤務時間で審査されます。
  • 点数が並んだ場合、前年度市民税所得割額(住宅借入金等特別控除前の税額)の低い世帯から選考する
  • 申し込みした全てのひとを「点数(と所得)」で並べ、順番が回ってきたときに“自分が希望した園のなかから、定員に空きのある希望順位が高い園”に決まる。
  • なので希望の園の順番は単純に入れたい順に書くのがベスト

間違ってしまいがちなのが「点数が高い人の第二希望と点数が低い人の第一希望だと、点数の低い人の第一希望のほうが先に選考されるのでは?」という疑問。

入所の際に決める希望順位は、あくまでも「自分の番が回ってきたときに、どの園に最も入りたいのか?」という希望になります。

認可保育園に入所をする際の気になる情報

ここからは“さいたま市の保育園に関する情報”についての様々な意見が集まるさいたま保保連の掲示板から参考になる情報をまとめてみました

なおこちらの情報は、掲示板からの抜粋になりますので、詳しいことはお近くの区役所に改めて確認されることをオススメします。

パートや休職中の人が入所をするコツは?

パート勤務などで勤務時間が短く、点数が低い場合の入所のコツを調べました。

小規模なら入れると思う。

一次で不承諾でも、辞退で順番が回ってくる印象。

さいたま保保連の掲示板

小規模から預かり保育の充実した幼稚園に進むのが現実的。

そのつもりで準備しつつ毎年認可にチャレンジしてれば、年度の途中で辞める子がいて運よく入れたり、中途半端な学年の時に新設園ができて運よく入れたりする可能性もゼロではない。

さいたま保保連の掲示板

やはり、点数が低い場合は、小規模からの転園を狙う方が多い印象でした。

市役所に行けば、どのエリアが人気があるか(待機人数が少ないか)を教えてもらうことができます。

気になる方はお住いの市役所で聞いてみると良い情報が得られるかもしれません

入所申し込み後に勤務状況が変わった

さいたま市の入所申し込みは10月です。

たとえば

「10月以降に今の仕事をやめて、パートになった場合は?」

なども気になるところです。

5月までに稼働証明を出してくれれば問題ない、10月の入所申し込み時点では復帰だったのだから選考に支障はない、と言われた。

逆に、加点対象になる場合も、申し込み時点でなければ意味が無いそう。例えば年末に離婚したとしても加点になるのは二次選考からということになる。

さいたま保保連の掲示板

私自身も役所に確認しましたが、申し込み時点での状況で審査をされるということを聞きました。

しかし、入所年度によって状況が変わる場合がありますので、役所に一度確認することをオススメします

フリーランスや自営の人は?

フリーランスや自営の人は、どのように稼働証明すればいいのか?も気になるところですよね。

掲示板に下記のような情報がありました。

稼働証明や添付書類に関しては、市から指定されたものを用意し、それで働いていることがきちんと証明できてさえいれば、そこまで躍起になる必要もないのかなと思います。

さいたま保保連の掲示板

これは私も実際に市役所で聞いてみました。

「ホームページや名刺・開業届けなどを用意しておくとベスト。他は実際にフリーランスになったら改めて書類について相談しましょう」

ということでした。

勤務実態さえしっかりとあれば、証明する書類は「あとから何が必要か?」を考えていけばよさそうです

「さいたま市子育て支援型幼稚園」も検討材料のひとつ

周りのママに「子育て支援型幼稚園に子供を入れて働いているよ!」という話を聞くこともあります。

「子育て支援型幼稚園」とは? 

…共働き家庭等の子育てを応援する幼稚園です

年間を通じて長時間の預かり保育を実施し、子育て支援機能の充実に取り組む私立幼稚園を「さいたま市子育て支援型幼稚園」として認定しています。

「子育て支援型幼稚園」ってどんなところ?

  • 8時間以上開園しています
  •  夏休み等の長期休業期間中も通えます
  • 土・日・祝日、年末年始(12月29日~1月3日)、年間15日以内で園が独自に定める日(創立記念日や振替休日など)を除き、毎日預けることができます。
  • 預かり保育の利用料が原則無料になります(一定の要件を充たす園児のみ)

などなど。

詳しくはさいたま市のホームページにて確認することができます。

小さいうちはゆっくり子育てして、幼稚園に入ったら本格的に働きたい!というママに、特に人気があるみたいです。

まとめ

いかがでしたでしょうか?

自分自身が気になった項目を中心にまとめてみました。

自分自身もなんども役所に通って、何度も相談してようやく理解できたことや、周りのママから聞いて情報収集した内容も多くあります。

基本は役所に相談するのがベストかと思いますが、ポイントを抑えておけば質問もスムーズになると思います。

激戦のさいたま市の保活は、本当に大変なことが多いと思いますが、少しでも多くの人が希望の園に入れるよう願っています。

コメント

タイトルとURLをコピーしました