肺炎で入院後、風邪をこじらせやすくなった!保育園になかなか行けない!

娘が肺炎で病院を退院して2週間がたちました。退院してしばらく自宅で様子をみていたのですが、体調も安定してきたので満を持して1週間前から保育園に通園させはじめました。

が!!ビックリするほど速攻で風邪をもらってきました(涙)。

退院して「ようやく山を越えた!!」と思っていたのに!

正直、肺炎の入院騒動があったあと「ようやく山を越えて保育園に通える!!」と思っていた私。完全に考えが甘かったです。

鼻水や咳がいっさいでなくなり「やったー、完全に回復した!」と思って保育園に通わせたものの、一週間くらいすると「ゼッホ!ゼッホ!」と痰が絡んだ咳をしはじめました

ちょうどそのとき、保育園の看護師さんから「肺炎の治療で抗生剤使ったから、おしりがカンジタになってるかも?」と指摘され、念のため翌日会社を休んで皮膚科にいくことにしました。

「念のため」と連れていった小児科で衝撃の事実を知る

皮膚科を受診し、やはり抗生剤の影響でカンジダになっているということで薬をもらいました。

薬をもらって家に帰宅しようとしましたが「熱はないけど咳がきになる。念のため小児科にも寄っておこう」と、その足で受診することにしました。

小児科でいままでの経緯を話して受診すると「これはたぶんただの風邪ですね。肺炎のあとは、ただの風邪を重症化させやすいんですよ!」と衝撃の言葉をいただきました。

その後よった薬局でも「もしかしたら半年くらいはこんな調子(ただの風邪が酷くなる)が続くかもしれないですね」と薬剤師さんにアドバイスをいただきました。

「ただの風邪で5日」・・・この言葉を聞いた時、有給の残日数のことが頭をかすめました、が、考えると辛くなるので思考を停止させることにしました(笑)。

38.5の発熱。熱はさがっても重い咳はなおらない

病院受診の翌日、38.5の熱をだしました。小児科の先生と薬剤師さんの話は嘘ではなかった、と感じました。

熱は2日ほどでさがったものの、気管に痰が絡んだような重い咳は、なかなかなおりません。

そんなとき、近所で同じ保育園に通っているママから「感染症が流行しているから注意してください!」の張り紙が園に貼ってあったよ!と聞きました。

「ただの風邪をこんなにこじらせてるのに、ウイルス性の病気に感染したら!」と恐ろしくなり、結局夫婦で4日間も会社を休み看病することになりました。

今後も続く体調不良の恐怖。会社の理解が必要

今回の件を通じて、しばらくはまともに出社することは難しい状況に自分がいるのだ、ということを悟りました。

仕事は大事ですが、また娘を地獄の入院生活に引き戻すのだけは避けたいと感じました。

そのため、正直に状況を会社に報告しました。みなさん色々と心配してくれて「看護することを第一にしてやっていきましょう」と声をかけてくれました。

まとめ

肺炎で入院していたときは「とにかくこの山を越えれば、まともに出社できる!」と感じていましたが、やはりそう上手くはいきませんでした。

今回の風邪を通じて「しばらくは療養が必要なんだ」と改めて覚悟を決めることができました。

今後も様子を見つつ、肺炎のあとの病状と上手に付き合っていければと思っています。

コメント

タイトルとURLをコピーしました