ネスプレッソの2018年春の新作カプセル『アラビカ・エチオピア』と『ロブスタ・ウガンダ』を飲んでみた。

先日ネスプレッソのイニッシアを購入し、春の新作カプセル『アラビカ・エチオピア』と『ロブスタ・ウガンダ』を注文してみました。普段は『リニツィオ・ルンゴ』を愛飲していますが、この2種類の新作コーヒーを飲んだ感想をレビューしていきたいと思います。

とにかく可愛いパッケージ!模様がはいったおしゃれな新作カプセル。

このカプセルのまず最初の印象ですが、パッケージがかわいい!通常のカプセルにはないカラフルなデザインのパッケージにテンションが上がります。パッケージだけではなく、カプセル本体にもいつもとは違ったデザインが施されています。

ネスプレッソ春の新作
『アラビカ・エチオピア(下)』と『ロブスタ・ウガンダ(上)』。デザインが可愛い!

このデザインの可愛さに飲む前からワクワクします。

『アラビカ・エチオピア』をアイスコーヒーにして飲んでみた

まずは『アラビカ・エチオピア』を淹れてみることにしました。ネスプレッソのウェブサイトの説明には『風味豊かなミディアムロースト、熟した果実やすがすがしい花、麦芽のような香りが特徴』とあります。

アラビカエチオピア
スッキリ飲みたかったのでアイスにしてみました!

飲んだ瞬間、苦味がくるのですが、そのあと本当にふんわりとフルーティーな味が口に広がります。他のコーヒーにはない、爽やかな後味です。これははまりそう!ブラックで飲むと、おいしさがより際立ちます。

かなりの美味しさにレギュラー化してほしいと思うほど、美味しいです。フルーティーというと酸味が強いのかな?というイメージですが、このコーヒーは苦味と酸味のバランスが良い感じがしました。

味の変化が楽しめるので、そういったコーヒーが好きな方には、『アラビカ・エチオピア』はかなりおすすめだな、と思いました。

『ロブスタ・ウガンダ』をホットコーヒーにして飲んでみた

次に『ロブスタ・ウガンダ』を淹れてみることにしました。こちらはホットでいただくことに。

ウェブサイトには『揺るぎない力強さ、甘く豊かなココアのような香り』とあります。『アラビカ・エチオピア』が女性的だとしたら、『ロブスタ・ウガンダ』は男性的なイメージなのでしょうか。

ホットで一口飲むと、ルンゴで入れたにも関わらずかなり濃い!ガツンとパンチのある味です。ブラックだと私には強すぎるので、ミルクをいれてカフェオレにして飲んでみました。

ミルクをいれてみました。ルンゴのわりにはけっこうミルクを入れたのですが、味が強いのであまり気になりませんでした。

ミルクをいれると、また違った味わい。これが本当にミルクと合うんです!
最初の印象が和らいで、とても柔らかい感じ。

公式サイトには「ココアのような」とありましたが、私にはダークチョコレートのようなイメージを受けました。強めのコーヒーが好き、もしくはカフェオレやラテが好き、という人にはこちらのがつんと強い『ロブスタ・ウガンダ』がかなりおすすめです。普段は「ホットのラテってあまり好きじゃないな」という私でもこれはかなり好きです。それくらい相性抜群です。

『アラビカ・エチオピア』と『ロブスタ・ウガンダ』は数量限定!

ネスプレッソのサイトによると、この『アラビカ・エチオピア』と『ロブスタ・ウガンダ』は春の数量限定発売とのこと。こんなに美味しいのに数量限定なんですね!

それぞれ個性の違ったコーヒーなので、飲み比べるのが楽しい組み合わせになっているのも「にくいな!ネスプレッソ(笑)」という感じです。気になる方はお早めの購入がおすすめです!

コメント