1歳児といく子連れ石垣島4日目!底地ビーチとミルミル本舗を再訪!子連れに優しい島・石垣島、さようなら!

いよいよ子連れで行く沖縄県・石垣島の旅行記は今回が最終回です。西表島へのショートトリップや、数々のキレイなビーチを堪能し、残り時間もあとわずか。今回の旅の最終章の旅行記をお届けしたいと思います。

竹富島への旅行は断念。再訪したい場所をゆったり巡ることに

今回の旅行で「可能であれば竹富島に渡りたい」と計画を立てていましたが、予想以上に疲労が溜まっており、最終日は無理をせずに石垣島をゆったり巡るプランに変更しました。

夫と相談し、石垣島で再訪したい場所を考えたところ『ミルミル本舗』と『底地ビーチ』の名前があがりました。

最終日はからっと晴れて少し暑かったためアイスを食べたいなと感じたことと、底地ビーチの美しさに心奪われすっきり晴れた日に再訪したいと感じたためです。

最終日のプランを決め、当日の朝は朝ゆっくり起きて、ホテルで朝食を食べてから荷物を準備し、最後にもう一度お世話になった『グランヴィリオリゾート石垣島』のお庭でぱしゃり。丁寧に接客していただき、楽しい時間を過ごさせてくれたホテルに感謝です。

グランヴィリオリゾート石垣島
コストパフォーマンス最高!素晴らしい夢のような時間を過ごさせてくれたホテルに感謝!

底地ビーチで晴れの空と海を思う存分に堪能。ミルミル本舗のアイスに舌鼓。

ホテルを出発し、まずは底地ビーチに向かいました。天気は快晴、気持ち良い気候のなか、ドライブで現地に向かいます。今回の旅行で、娘は順調にドライブの車中にお昼寝をしてくれたので、とても助かりました。

快晴の日の底地ビーチは、本当に最高でした。美しすぎる海に、まるで夢の中にいるかのような気分。娘がいて、ゆったり旅行をするプランだったからこそみれたこの景色。子連れ旅行は制限もあるけれど、普段見れない光景を見せてくれる、という一面もあるなと今回の旅行で感じました。

底地ビーチ
最終日の底地ビーチです。なんとも美しい空と海のコントラスト!海の透明度もすごい!

底地ビーチを十分に楽しんだ後、ミルミル本舗にむかって車を走らせます。初日にこのお店に寄った時はすこし肌寒かったのですが、この日は最高のアイス日和でした。

前回は『ミルクとシークワーサー』を頼んだのですが、この日は『紅いもとパイナップル』を頼みました。さっぱりとこってりのバランスがちょうどよく、気持ち良い気候のなか、アイスを堪能しました。

ミルミル本舗
外のイートスペースでアイスを食べます。最高の気分!

トラベラーズカフェ朔で、カレーランチ。ユーグレナモールでお買い物

午前中の観光を終え、石垣島の市街部に戻ってきました。今回のお昼は「トラベラーズカフェ朔」さんでカレーランチをいただくことにしました。すっかり写真をとるのを忘れてしまったのですが、おしゃれな店内で食べる本格カレーの味は最高。
お店のかたも、いっぱい娘に話しかけてくれました。子連れに優しい、という情報でこのお店にいくことを決めましたが、大正解でした!

お店を出て、石垣島の「市役所第二駐車場」に車をとめ、ユーグレナモールでお土産を買いました。お土産の量が思いの外大量になってしまったので、お土産用のエコバッグを持参すればよかったなと感じました

お土産を買い込み、空港に向かいます。トラブルでなんと飛行機が1時間遅れ!このような予期せぬトラブルもあったのですが、空港に車を止めていたので、なんとか無事に帰宅することができました。こうしてあっという間の石垣島旅行は幕を閉じました。

子連れにとても優しかった石垣島旅行。子供が成長したらまた行きたい。

今回の旅行で、石垣島は子連れに優しい島だな、と感じました。

「娘が飛行機の料金がかからない1歳のうちにいけたら!」と思ったものの、不安もありつつの旅行だったのですが・・・。
“渋滞しない”“のんびりした雰囲気”“子供が遊べる場所がたくさんある”と、大人も子供も両方が楽しめるポイントが満載でした(ハイシーズンではなかったことも幸いしているのかもしれませんが・・・)。

「海外だと病院や言葉の問題で小さい子供を連れて行くのに抵抗がある、けど日常から離れて美しい景色に癒されたい」なんて方にもおすすめできるのが石垣島だな、と感じました。

長々とお伝えしてしまいましたが、今回の旅行記が、みなさまの旅行計画の参考になれば嬉しいです!

コメント