1歳児といく子連れ石垣島3日目!西表島を子供とゆったり巡る1日

石垣島の3日目に、いよいよ石垣島を出て西表島に向かうことにしました。フェリーでの過ごし方や子連れで西表島に向かった際に注意したことなどを書いていこうと思います!

ホテルからフェリー乗り場へ。レンタカーを借りるとのんびり島を巡れる。

ホテルを朝7時半ごろ出発し、8時30分のフェリーへ乗るべく、準備を進めました。八重山観光フェリーは私の会社の福利厚生である「リロクラブ」の割引が使えるということで、事前にクーポンをコンビニで印刷し、港へ向かいました。

西表島へのフェリーの航路は『大原港行き』と『上原港行き』があります。今回私たちは『大原港行き』のフェリーに乗船することにしました。

大原港行きのフェリーの乗船時間は約40分。ここでもタブレットに保存しておいた『おかあさんといっしょ』が役立ちました。船が出るまでの間、タブレットで動画を見せて、船が出発すると、船の揺れが気持ちいいのか、子供はお昼寝を開始しました。朝ごはんのあと、ホテルの庭で十分に散歩をさせたのも、よかったのかもしれません。

西表島にはツアーではなく、レンタカーを借りて娘の調子をみながら島を周る計画をたてました。ツアーだと子供がぐずった時やおむつ替えの時間など余裕をもって行動ができなくなるので、幼児と一緒であれば、レンタカーで巡るのがおすすめです。私たちも今回の旅ではレンタカーを借りて、状況に応じて観光するプランをたてました。

西表島の大原港に到着!水牛に揺られ、由布島観光!

娘が昼寝をしている間に無事に西表島に到着しました。レンタカーをかりて、最初の目的地の「由布島」へ向かいます。

港に貼ってあった、イリオモテヤマネコとやんばるくいなのポスター。

『由布島』は西表島から水牛にのって渡る、小さな離島です。個人手配の場合は「旅人の駅・由布島」でチケットを購入します。大人1,400円。

由布島の水牛
水牛達がお出迎え!
海をゆったりのったり渡ると由布島に到着します。小さな島ですが、子供と一緒に歩くにはちょうどいい広さです。まずは歩いて『マンタの浜』を目指します。
マンタの浜
マンタの浜に到着です!近くには美味しいコーヒーも売っていました

穏やかな海に子供も大興奮!落ちていたサンゴを拾って、高々と掲げて歩き回っていました。

マンタの浜
ゆっくりした雰囲気なので、子供たちも楽しく遊んでいました。

近くにはブーゲンビレア園があり、30種類以上の綺麗なブーゲンビレアが咲き乱れていました。

ブーゲンビレア園
綺麗なお花に気持ちもほっこり

広くて歩き回れる環境に子供も大興奮!たくさん歩き回っていました。ゆったりのんびり由布島を堪能したあと、再び水牛にゆられて、由布島を後にしました。

お昼ご飯をたべて、浦内川ジャングルクルーズへ。大迫力のマングローブ!

娘が再びお昼寝にはいったので、上原港方面に車を走らせて、お昼を食べる場所を探しました。今回は『キッチンイナバ』さんにお邪魔しました。なんとお庭の広い芝生にヤギがいて、お食事がくるまでの間、娘は大興奮でヤギを見つめていました。

キッチンイナバ のヤギ
ヤギと対面する娘

キッチンイナバさんを後にして、14時からの「浦内川ジャングルクルーズ」に乗船しました。『浦内川ジャングルクルーズ』は、亜熱帯のマングローブを船の上から堪能するコースです。希望者は上流船着場で降りて『マリユドゥの滝』と『カンビレーの滝』を見ることもできるそうです。今回は小さい子供を連れての旅なので、下船しないコースで帰ってきました。

浦内川ジャングルクルーズ
大迫力のマングローブ!船長さんの解説でマングローブの川をのぼります

大原港へ戻る途中、星砂の浜でゆっくりおさんぽ

マングローブの見学を終え、大原港に帰る途中、星砂の浜に立ち寄りました。マングローブ生い茂る力強い印象の西表島のなかでも、少し雰囲気の違ったきれいな青い海に癒されます。

星砂の浜
今まで行った浜とはまたちょっと雰囲気が違い、素敵な場所でした。

最後にこの海でゆっくりとした時間を過ごし、17時のフェリーに乗るべく港を目指して帰路につきます。西表島でいっぱい遊んだ娘は、下船するまでフェリーでぐっすり眠っていました。こうして西表島の1日は幕を閉じました。

西表島にいくなら子供用品の準備はしっかりと!

今回、1歳の子連れで西表島へ行ってみて感じたことは、石垣島のように『コンビニやスーパーが充実している』という感じではないため、事前に子供用の飲み物、おむつ、おしりふき、オムツ変えシート、ゴミ袋(オムツを持ち帰るための袋)など、特にしっかりと準備をする必要があるな、と思いました。

以前ご紹介させていただいた「おむつが臭わない袋」は今回の旅行でも大活躍。おむつのゴミ箱がない場合は、おむつが臭わない袋を二重にして持ち帰ると匂いも気にならず、快適に旅をすることができました。

次回はいよいよ石垣島旅行の最終日の旅行記を書いて行きたいと思います!

コメント