気になる臭いをシャットアウト!離乳食開始後の我が家のおむつ処理事情

離乳食がはじまると徐々に臭いが強くなってくる使用済みおむつ。離乳食開始が秋だったため「とりあえずリビングにゴミ箱を設置」としていた我が家もそろそろウンチの臭いが気になるように。夏場を迎える前に、臭いを防ぐ方法をいろいろ試してみました。

ふつうのゴミ箱だけではもう耐えられない。。

離乳食が始まるまで、なんとか耐えられていたおむつの臭い。しかし、離乳食が進むにつれてだんだん臭いを増してきたゴミ箱。
ゴミの日まで置いておくとかなり強い臭いを放つようになりました。毎回コロコロのウンチだったらトイレにウンチを流すという形でも問題なかったのですが、長女の場合二回に一回はおむつにべったりつくタイプ。なのでゴミの処理の仕方を工夫しないといけないな、と感じるようになりました。

密閉性の高いゴミ箱、ニオイは漏れないけど、、、

まずはじめに、簡易的な蓋つきゴミ箱を、密閉性の高いゴミ箱に買い換えました。

蓋つきゴミ箱
このようにゴムでしっかり密閉できるゴミ箱を購入しました。
蓋つきゴミ箱
蓋の部分がゴムでできていて、なおかつ蓋をあけた内部にももう一枚ゴムの蓋があります。

蓋を閉めた状態でニオイがわりと漏れなくなったので、これはかなり好感触!しかし、おむつを捨てる時と、袋を取り出しゴミに出す時に強烈な臭いが。。またゴミの日の前になるとゴミ箱が臭うこともあります。
これに耐えられるなら密閉性の高いゴミ箱の設置だけでも問題はありませんが、できる限り臭いを防ぎたい我が家には、おむつを包むビニールにも一工夫が必要かな、と感じました。

「おむつが臭わない袋」は効果抜群!おむつのニオイストレスはほぼゼロ

そこで、ネットで好評だったBOSの「おむつが臭わない袋」を試してみました。

おむつが臭わない袋
こちらがおむつが臭わない袋。このSSサイズは1パックで200枚入っています。
我が家ではこのおむつ臭わない袋のssタイプを使用しています。だいたいおむつ2個くらいを一袋にまとめて入れて捨てています。うんちをして袋を再びあげるのが嫌だなぁ、と感じる時は一個で捨てたりもします。

おむつが臭わない袋
おむつを2つ入れた様子です。袋を閉めるのがすこし大変ですが、ぎゅっとオムツを小さくすれば2個は入ります!

この袋に入れて先ほどのゴム密閉型のゴミ箱に捨てれば、鼻を近づけても臭いません。しいていえば、ゴミ交換のときにゴミ袋を取り出すときに少し臭いがするかな、という程度です。
日常生活でおむつの臭いのストレスを感じることがなくなったので、しばらくこのスタイルでおむつ処理を続けていこうかな、と思っています。

ペットの糞尿処理にも使える!BOSの処理袋の性能はすごい!

我が家では猫も飼っているため、BOSのペット用の「うんちが臭わない袋」も購入することにしました。
ペット用の袋の色は「青」です。たまにおむつが臭わない袋の自宅在庫が切れたときにペット用を使うこともありますが、共に糞尿を処理する袋なので性能はかわらないような気がします。

うんちが臭わない袋
ペット用の臭わない袋。わんちゃんの外出時のうんち処理にも最適だと思います。

「おむつが臭わない袋」は外出時にもかなり使える!

そしてこの「おむつが臭わない袋」のメリットはもうひとつ。外出先でも使えることです!

近所の児童支援センターやレストランなど、おむつ交換台があってもゴミは各自が持ち替えりというルールの場所がかなりあります。このような場所でおむつを交換して自宅に帰るのは辛い、、というときはこの処理袋を活用しています。
帰宅が電車になってしまう、などの場合は袋を二重にすれば臭いはほとんど気になりません。おむつポーチに必ず何枚か忍ばせておきます。

夏場になるまえに対策すればストレスゼロ!

長女の保育園ではおむつは園で処理することになっていますが、場合によっては自宅持ち帰りの園も多いと聞きます。
おむつが臭わない袋はSS,S,Mとサイズ展開しているようなので、保育園からのおむつ持ち帰り時にも重宝するのではないかとおもいます。かなりオススメです。

コメント