新宿からも歩いていける【かぞくのアトリエ】が凄かった!はいはい赤ちゃんもOK!

長女がまだハイハイをしていたころ、都内にランチにいくと、体力が有り余って帰りにぐずってしまう、ということがかなりありました。そんなとき、渋谷区のこども支援センターの「かぞくのアトリエ」によって娘を遊ばせていました。これがかなり素敵な施設でしたので、ご紹介したいと思います。

都内は「ハイハイの赤ちゃんをつれていけるところ」が少ない

都内で何回かランチをする機会があったのですが、まだ歩くことのできないハイハイの赤ちゃんが都内で遊べる場所ってかなり限られているな、と感じました。歩けるようになると公園を散歩したり、いろいろとこどもが飽きないような対策を取ることもできますが、ハイハイの赤ちゃんはそうもいきません
そんなとき、新宿から歩いていける渋谷区のこども支援センターの「かぞくのアトリエ」にはかなり助けられました。

「かぞくのアトリエ」の場所は小田急線南新宿駅のすぐ近く。新宿駅の南口からも歩いて10分ほどの場所にあります。

利用料は無料、なのに充実した設備!運が良ければ貸切状態も

かぞくのアトリエは支援センターなので利用料は無料、渋谷区民以外のかたも利用できるとのことでした(私自身も埼玉在住ですが、問題なくこちらの施設を利用させていただくことができました)。
利用方法ですが、入り口でこどもの名前などを記入して入館します。

施設は3フロアにわかれていて
・B1が「プレイルーム」という大きな体育館のような施設
・1Fが「おやこサロン」という休憩や交流に使える施設
・2Fが「おやこきょうしつ」と「アトリエ」
となっています。ベビーカーは入り口横のベビーカースペースに置くのがルールのようです。

わたしが施設利用した時は「おやこきょうしつ」が乳幼児のおもちゃがいっぱい置いてあるような部屋、「アトリエ」がオムツ変えや授乳のスペースとして解放されていました。

こちらはおやこきょうしつ。このように時間帯によっては貸切状態になることもありました。

授乳スペースがあるので、「どこで飲ませてあげよう・・・」と考えることなく安心して子供を遊ばせることができました。

1Fの「おやこサロン」ではランチをとることもできた!ただしお昼時は混み合うので、少人数での利用が◎

また、この「かぞくのアトリエ」では1Fの「おやこサロン」でランチを取ることもできるようです。 子連れしかいない施設ですし「子供が泣いたらどうしよう」と焦りながらお昼を食べる心配もないし、新宿駅からもほど近い立地ですので、駅ビルなどでテイクアウトして館内でランチができるのはすごく魅力的だな、と感じました。
(わたしも新宿のNEWoManでおひるごはんを買って持ち込んでみました)。

また壁面に荷物収納などもあり、荷物の多い子連れに配慮された作りとなっています。
とても素晴らしいエリアなのですが、お昼時はこの「おやこのサロン」が混み合いますので大人数での利用はあまり向いていないのかな、と感じました(席が空いていない場合があります)。

かぞくのアトリエ「おやこサロン」
こちらが「おやこサロン」です。この日は14時半くらいに訪れたら貸切のような状態でした。

動き回る子供は「プレイルーム」が、ハイハイのあかちゃんには「おやこきょうしつ」がおすすめ

施設の利用ですが、わたし個人の感想ですが、あるいて動けるようになった子にはB1のプレイルームが、ハイハイの赤ちゃんには2Fの「おやこきょうしつ」がおすすめだと感じました。実際に「おやこきょうしつ」はハイハイのあかちゃんづれの方が多く利用されている印象でした。

またおやこきょうしつはおもちゃや絵本、紙芝居などがいっぱいあります。娘も初めて見るおもちゃにかなり興奮していて、家にはない刺激を得たようでとても楽しそうにしていました。

娘の後ろに写っている棚にいっぱいおもちゃがおいてあります。大人もワクワク。
はじめてのおもちゃにワクワクする長女

「おやこきょうしつ」のとなりの「アトリエ」では、授乳やおむつかえもできます(おむつは持ち帰りですので、袋を持参すると良いと思います)。

かぞくのアトリエでおもいっきり遊んだあとは電車でぐっすり。都内で自分の用事を済ませた後、おもいっきり娘があそべる環境で、とてもおすすめです。

いろいろな月齢の赤ちゃん、幼児の入り混じるママ会でもかなり使える施設なのではないかなと思いました。都内にお出かけの際に足を運んでみてはいかがでしょうか?

コメント