授乳トラブルに「AMOMA」というハーブティを使った!効果や味のレビュー

産後一ヶ月ほどすると、溢れんばかりに母乳が出るようになってしまった私は、8ヶ月で授乳が終わるまで、たびたび乳がつまり、辛い思いをしました。そんなとき「AMOMA(アモマ)」というハーブティに助けられていました。今回はそんな「AMOMA」のハーブティについてレビューしていきたいと思います。

泣きながらお風呂で詰まりを解消する日々

かなり母乳の出が良かったわたしは、度々乳腺炎の危機にさらされていました。子供に飲んでもらっても、どうしても詰まってしまうおっぱい。

ゴリゴリした詰まりがあるのを感じて、お風呂で揉んで詰まりを解消していました。これがかなりの痛さで涙もでてくるし、育児よりも授乳トラブルのほうが辛かった思い出があります。

母乳外来に行くのも怖くて「AMOMA」のハーブティを買う

そんな状況でも、母乳外来に行くのは怖くて、自分でなんとかトラブルを解決しようと思っていました。 そんなとき出会ったのが「AMOMA」のハーブティ でした。

本当に効果があるのか、半信半疑でしたが、試せるものはぜんぶ試そう、とハーブティを買うことにしました。

黄色のパッケージのお茶が詰まりやすい方にオススメのブレンドのようです!

味はかなり独特!クセが気になる人は冷まして飲むのも◎

「AMOMA」のハーブティの気になる味ですが、これかなり独特な味がします。ハーブティを飲み慣れている人ならあまり気にならないかもしれませんが、そうでない人にはかなりクセがあるように感じるかもしれません。

わたしはクセが少し気になる派だったので、ハーブティを淹れたあと、ポットにうつして冷蔵庫で冷やして麦茶のように飲んでいました。これだと、あまりクセが気になりません!

これが実際にアイスにしたハーブティーです。濃いめに淹れてアイスにします。かなり飲みやすくなります!

そして、確かにこのハーブティは、少しクセのある味ですが「なんだか健康に良さそう」という気持ちになるので、わたしは飲むのが嫌になるという感じはありませんでした。

「AMOMA」のハーブティの効果は?

ハーブティの効果ですが、個人的な感想にはなりますが、劇的な変化があった!というわけではありませんが、飲んでいた間は夜間の詰まりが少し解消された気がしました

ハーブティを飲む前は「胸が痛くて起きる」ということがかなりありましたが、このハーブティを飲むようになってから、その回数が減ってきました。

完全に詰まらなくなるというわけではありませんが、『少し楽になる』というだけでもかなり気持ちが楽になりました。

次回の授乳があってもリピートするか?

ちなみにわたしは今現在、授乳を終えています。

もし二人目を妊娠し、再び胸が詰まったらリピートするか、を考えてみました。が、やはりわたしはリピートするんじゃないかと思います。

実際に前回の授乳で「AMOMA」のハーブティを飲んだから、それが単体で効果をあらわしたのかは正直わかりません。でも、為すすべのない授乳トラブルはかなり辛く、実際に夜間の授乳が楽になった気がしたので、少しでも効果を感じた「AMOMA」のハーブティはリピート購入するだろうなと思います。

まとめ

いかがでしたでしょうか。

「AMOMA」のハーブティは、薬ではないので、授乳に即効果があるかは、個人差のような部分も多くあると思います。ただ、授乳期間は薬を飲めないので、お守りのように効果を信じて飲み続けていました。

「AMOMA」のハーブティには、気持ちの部分で助けられていた面もあるのかな?と思います。気になる方はぜひ一度試してみてはいかがでしょうか?

コメント